HOME > 新着情報 > 電子カルテ導入と待ち時間の関係

電子カルテ導入と待ち時間の関係

  • 2017/01/17

ある病院において、とても興味深いデータがあります。電子カルテ導入によって院内での滞在時間がどのように変わったかというデータです。導入直後から3年間で院内滞在時間は6分短縮されたそうです。そして来院してから最初の診療行為までの待ち時間について言えば、電子カルテ導入当初は40~45分だったのに対して、導入3年後には平均20分まで短縮されたそうです。
その結果、クレームの内、実に20%もあった診察待ち時間に対するものが9%へ半減したそうです。なによりクレームが減少されたことで職員へのストレスも軽減されたというデータとなっています。

電子カルテ
この結果は病院におけるものですが、診療所でも電子カルテ導入により診察の効率化が図られ待ち時間短縮へ繋がることになります。そこに費用対効果を感じて頂けるかどうか。電子カルテ導入に際しての決めてとなってきそうです。




電子カルテレセコン、院内システムで不満に思われることがあればお気軽にご相談ください。診療所様は勿論のこと、病院様にもとても喜ばれているレセコン。スピード、操作性、サポート力が違います。また、使う人を選ばない最新版の電子カルテ。必ず医療機関にとってなくてはならない、そんな存在となる電子カルテでありレセコン。ご用意しております。無料デモ実施中。是非お問合せください。
ビジネスマン
担当スタッフが問題解決に向けて全力で取り組みさせて頂きます。

新電子カルテ特設サイト

お問い合わせ