HOME > 事業紹介 > 病院機能評価受審支援事業

- 病院機能評価受審支援事業 -

病院機能評価受審支援事業

病院機能評価受審は手段であって目的ではありません。
病院内部から問題点を改善し、病院の質を上げ、
病院職員全体の意識を活性化させ一体感を生ませる。
それが結果的に患者への「安心・安全」の提供につながっていく。

その目的を主軸として病院機能評価の受審・更新を全面的にバックアップしていきます。

受審のメリット

・改善すべき問題点を客観的に把握でき明確になる
・医療の質の向上と効果的なサービス改善のきっかけとなる
・効果的な改善目標の設定が可能となる
・病院職員の改善意識が活性化され一体感が生まれる
・管理職者の能力向上につながる
・患者への安心・安全な医療の提供につながる
・認定証の掲示により医療に対する信頼を向上させることができる

病院機能評価は第3ステージへ

病院機能評価は大きな転換期を迎えました。
医療機能評価機構としては、新しい評価のあり方を模索しつつあるようです。

新評価方式で成功するかどうか機構としても模索中のように感じましたが、
日本の医療を良くするために、今後は機構側と病院側が共に考え取り組んで行こうとしている姿勢が覗えました。

新評価方式ではサーベイヤーとの「話し合い」を重要視しているようです。
機構の説明会では、病院とサーベイヤーとの真剣勝負という表現を用いていました。
医療監査と違い、一方通行ではなく、双方向のコミュニケーションが求められています。
今後は病院側からの、より積極的なアピールが重要と考えられます。

第三世代:機能種別評価Ver 1.1
   ⇒病院の特性に応じた機能種別を選択し、プロセス重視の審査となります。
   さらに、継続的な質改善活動の支援が強化されました。(3年目に中間確認)

お気軽にお問合せください

圧倒的な合格実績のあるチームと協業することで、
どこよりも満足頂けるサービスの提供を実現致しました。
豊富な資料と経験があります。価格面においてもご満足頂けます。

弊社でご検討頂くことを自信をもって強くオススメ致します。
どのようなことでも結構です。お気軽にお問合せください。