HOME > 新着情報 > 医療事務職員の育成と研修

医療事務職員の育成と研修

  • 2017/01/23

医療事務について外部委託を行う病院、診療所が多くあります。診療報酬の引き下げにより構成比率の高い人件費を抑えることが検討要因とされることが多いという背景もあります。これにはメリットとデメリットがありますが、また次の投稿で触れてみたいと思います。
今回は病院、診療所が外部委託する形態ではなく直接雇用で医療事務員を雇う場合です。そこで必要となるのが職員の育成と能力向上のための研修制度となります。診療報酬請求業務など専門知識が求められる分野であり収入に直接的に影響を及ぼすものです。しっかりとした育成プログラムが本来であれば求められます。最近ではその能力を育成するための研修や、受付業務の接待研修を提供している企業も多くあります。(レセコンや電子カルテなどのシステムの使用方法については提供会社が有料又は無料で研修してくれる場合もあります。レセコン、電子カルテの保守会社に一度連絡してみられることをおすすめします。)

病院診療所
ただし、医療事務については、国家資格があるわけではなく、能力水準の裏付けを客観的に得ることが困難であることも少なくありません。医療事務能力を問う資格試験は存在しますが、すべて民間の認定試験となっています(もちろん資格の有無が雇用する際の一定の知識の有無を確認する手段とはなります)。これらの資格を持っていなくても業務に就くことが可能となっています。
既にベテランの事務員がおられる場合、新人に対する育成方法について十分にすり合わせ、漏れのない診療報酬請求業務を次の人員にも任せられるようにしておきたいところです。最近はいかに病院、診療所の医療機関で使っているレセコンや電子カルテのシステムを使いこなせるかというところが請求業務に大きな影響を及ぼすことになります。お使いのレセコン、電子カルテの院内用の操作資料を作っておかれる医療機関も数多くあります。




電子カルテレセコン、院内システムで不満に思われることがあればお気軽にご相談ください。診療所様は勿論のこと、病院様にもとても喜ばれているレセコン。スピード、操作性、サポート力が違います。また、使う人を選ばない最新版の電子カルテ。必ず医療機関にとってなくてはならない、そんな存在となる電子カルテでありレセコン。そして返戻対策に強い味方のレセプト点検システム。院内システムのことならお任せください。
病院クリニック
担当スタッフが問題解決に向けて全力で取り組みさせて頂きます。

お問い合わせ